結界について。霊視・除霊・浄霊は天光へご相談ください

霊視・除霊・浄霊は天光へご相談ください
受付時間:平日10:00~17:00

結界

結界について

結界とは基本的には浮遊霊・悪霊等の霊体が入れない空間となります。霊感体質・憑依体質など霊的な影響を受けやすい相談者様を守る空間として霊感体質改善術・憑依体質改善術を行う際は必ず施術させていただいております。

また、家相や地相が悪い事に起因する乱れた気の流れを無効化するという面もあるため、当方ではそちらの目的で施術する場合もあります。

まず、当方の結界は部分結界と全体結界の2つに大別されます。
結界の張り方としては
(1)護符を用いる方法
(2)結界石を用いる方法
(3)護符・結界石も使用しない方法
の3つに分かれます。
部分結界の場合は護符を用いる方法、護符なしの方法での選択となり、全体結界の場合では結界石を使用する方法、結界石なしの方法での選択となります。

護符・結界石を使った場合は半永久的に維持されるというメリットがあります。
護符のデメリットは結界護符が目につきやすい為、ご理解しているご家族なら問題はありませんが、霊的な世界に否定的な場合は色々と勘違いされる可能性がある点があります。
結界石のデメリットは最初に埋め込みが必要な為、戸建てやマンションなど全体がコンクリートの場合、アパート・事務所等で設置対象箇所の地面がタイルやコンクリートの場合は施工業者に別途依頼が必要になることもある点です。
護符・結界石を使用しない場合は、情況等にもよりますが約1年間は持続しますが、時間経過に伴いダメージを受けて最終的には自然消滅します。そのため定期的に張り直しをすることで効果を維持していく必要があります。そういった部分ではランニングコストがかかってしまいます。
周囲の霊的な影響の少ない場所でしたら長時間効果を保てますが、霊的な影響が強い地域や土地ですと、霊的な圧力が多くかかるので、どうしても早めに効力が消失してしまいます。地域や場所によってもだいぶ左右されます。

護符を用いた部分結界

四方結界と呼ばれるものとなります。方位などは関係なく展界します。
基本的には憑依体質改善術・霊感体質改善術を行う上で霊体が進入不可能な空間が必要な為、必ず張らせていただいております。
まず、当方より送られる祈祷した護符を時計周りの向きに部屋の四隅に貼ります。
結界符設置後に即座に結界を張り、万が一結界内に取り残された霊体が存在していた場合は浄霊を施します。
全ての処置は遠隔にて行う事が可能です。

結界石を用いた全体結界

八方結界と呼ばれるものとなります。
霊的体質改善術に用いる方もいらっしゃいますが、基本的には地相・家相からくる乱れた気の流れを無効化する場合に用います。
当方より指定された東西南北・南東・南西・北西・北東の8箇所に指定の大きさの穴を掘っていただき、そこに祈祷した結界石を埋め込みます(埋め込みの難しい場所に関しては護符を用いる場合もあります)。
設置が完了した段階で、現地もしくは遠隔で結界石をつないで全体結界を展界します。全ての結界石が結びつくことで、結界石上に建物を含めた上空のエリアまで神力の加わった空間を展界します。この空間は霊体が進入不可能なだけでなく、全ての気の流れを無効化します。

霊的体質改善術での結界

憑依体質改善術における結界

憑依体質改善術を用いる際、その特殊技法上で最低限必要な空間となります。
その特殊技法上で定期的に相談者様が一時的に無防備な情況となる時間帯があり、その間に周囲の霊体から防御しなくてはいけない為、絶対に必要な空間となります。
また、憑依体質の方は元々霊感が強いこともあり、日常的に周囲の霊的な攻撃や影響を受ける可能性が極めて高い為、霊的な影響を受けない安全な空間が体質改善に必要となります。
通常は寝室に護符を用いた部分結界を展界します。

霊感体質改善術における結界

霊感体質改善術において、霊感が低下するまでの期間はどうしても周囲の霊体から影響を受けて体調不良や精神不安定になる事があります。相談者様を霊体からの直接的な影響を受けることを防ぐ為に必要な空間となります。
情況によっては結界外に霊体が集まってしまい間接的な影響を受ける場合もありますが、結界がある事によって直接的なダメージは確実に避けられます。
通常は寝室に護符を用いた部分結界を展界します。

地相・家相の悪影響に対しての結界

地相や家相の情況が悪く気の流れが大きく乱れている場合
1.健康面
2.精神面
3.金銭面
4.対人面
などにおいて悪影響を受けている場合があります。
当方へご相談される方でよくあるのが、入居した後から急にトラブルが頻発する様になるケースです。霊視鑑定を行った際に神仏的な問題が存在しないにも関わらず、様々なトラブルに見舞われている方は地相や家相に問題を抱えている場合が多く見られます。
しかし、家相が悪いからと言って全ての方が大幅なリフォームや建て替えや引越しができる訳ではありません。
こういった場合には、結界を張る事で乱れた気の流れを無効化し、トラブルを最小限に留める事が可能です。
既に建物がある場合やマンション等の場合は、事前の霊視鑑定により土地屋敷の神仏問題の有無を確認し、問題が無い場合は家相鑑定を行います。家相に問題が判明した場合には、家相上の問題点をお知らせ致します。必要に応じて全体結界・部分結界をご提案させていただきます。
新築をご予定の場合は、霊視鑑定により土地の情況と神仏問題の有無を確認後、問題が無い場合は家相鑑定を行います。ご提出していただいた図面上での家相上の問題点を抽出しお知らせ致します。地相に問題があった場合などは全体結界をご提案させていただきます。

霊視鑑定のご予約 FAX専用各種霊視鑑定

↑ PAGE TOP